腎臓

泌尿器系で最も重要な役割を果たす器官が腎臓です。巨大なソラマメという外観を示す腎臓は背側の腰の高さにある一対の臓器で、血液中の老廃物を濾過し尿をつくるからだの排水処理場です。

腎臓

心臓が1回の拍動で送り出す血液の4分の1は腎臓に送り込まれ、腎組織の皮質にある糸球体で濾過され尿のもとになる。1日につくられる原尿の量は約180lにもおよぶ。原尿は糸球体につづく尿細管を流れていくうちに、水分とそこにとけている物質の一部が血液のほうに再び吸収される一方、吸収された物質のうち一部はもう一度もう一度尿細管から排泄・分泌されるという手間のかかるやりとりを受ける。この道すじで原尿の量は大幅に減り、結局尿として排泄されるのは原尿の100分の1程度、1日にほぼ1.5lになってしまう。

この複雑な処理のおかげでからだに不必要な老廃物や多く取りすぎた物質を体外に捨て、からだの運営に必要なもの(糖分・塩分など)を適量取り戻し、血液の成分を一定の範囲に維持できるのです。たとえば健康な場合、原尿中にあったブドウ糖は全て血液に回収されて尿中にはほとんど出ないのに対し、体内の物質代謝の老廃物である尿素・クレアチニンなどはほとんど尿中に排泄される。もし尿素やクレアチニンなど、尿に出るべきものが出ないで血液中に多くたまると、尿毒症の重篤な症状(意識がうすれ全身けいれんがおきるなど)が現れます。

尿のできる道すじ

腎組織にある糸球体、それをつつむ袋(ボーマン嚢)とそれにつづく尿細管が腎臓の機能的な単位で、ネフロンといいます。ひとの腎臓1個のなかには約100万個のネフロンがある。個々のネフロンは肉眼でははっきり見えず、ただかすかな線として腎盂にに向かって集中するのがみえる。糸球体は細い動脈が糸まりのようにからみ合った直径約0.2mmの濾過器で血管壁にあいた微細なあなから、直径0.03µm(赤血球の直径の250分の1)以下のこまかな物質が血圧で押しだされ、物質的に濾過される。糸球体をつくる毛細血管の長さを全部たすと、両腎あわせて約50km、総表面積は約1.5㎡にもなる。糸球体で濾過されてできた原尿はボーマン嚢から尿細管に入る。1本の尿細管は全長約10~20cm。皮質や髄質のなかを往復するなど複雑な走行をし、太さや構造を変えるが集合管に合流するまでは分岐しない。

尿細管のはじめの部分である近位尿細管では原尿の成分の75%、水分の3分の2が再吸収されます。尿細管の曲がり角であるヘンレ係蹄でさらに5%の水分とナトリウムが吸収され、集合管のはじめの部分までに15%の水分が再吸収されて尿ができあがる。尿は集合管に集まり、乳頭管・腎杯を経て腎盂から尿管にそそぐ。これら水や成分の複雑なやりとりはアルドステロン・抗利尿ホルモンなど、各種のホルモンで調節されています。

血圧の調整

腎臓は尿をつくるとともに、血圧の調整という重要な役割も果たしています。糸球体に入ってくる毛細血管の壁の傍糸球体細胞からレニンという酵素が分泌される。このレニンは血液中の特殊なタンパク質に働いてナンギオテンシンという血管を収縮させる物質をつくり、その結果血圧を上昇させる。また腎臓では逆に血圧を下げる物質(カりクレイン、プロスタグランジンなど)もつくられ、両方のはたらきによって血圧が正常な値に保たれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ