膀胱

尿管は左右の腎臓と膀胱をつなぐ導管で左右一つずつ存在します。尿を一時貯めておく器官である膀胱は骨盤腔の最前にあり、男性では直腸の前、女性では膣の前となります。尿道はその長さには大きな性差がある。男性の尿道は長さ20cm近くあるのに対して女性の尿道の長さは男性の尿道の5分の1程度しかありません。

膀胱

尿管

尿を腎臓から膀胱にはこぶ尿管は、長さ30cmほどのスパゲッティぐらいの太さの管です。膀胱の下面に左右のものが別々に開口する。そのさい膀胱の厚い壁のなかを非常にななめに長く貫くために、膀胱内容の圧力がかかると貫通部の管が圧平されて尿が逆流できない。

膀胱

膀胱は骨盤腔の中にあるふくろ状の器官で男では直腸の前、女では子宮と膣の前にあります。成人で平均してほぼ700mlの尿をたくわえることができる。膀胱は腎臓でつくられ尿管をとおして流れ込む尿を一時ためる貯水池。尿道はそこから尿を体外へ排泄する管です。膀胱は都合のよいときまで尿をためておく。ふつう尿が250ml以上、内圧がある限度(水柱15~20cm)になると尿意をもよおす。排尿のための排尿反射は膀胱の壁がのびる刺激や尿道からの刺激に対するもので、尿道括約筋をゆるめ膀胱筋を収縮させて尿を押しだす。この反射は大脳皮質・脳幹・視床下部など上位中枢の影響も受けます。

尿道

尿道は膀胱から体外へ尿をはこぶ管ですが、その長さは男と女で著しく異なります。男の尿道は膀胱の下面で前立腺を貫き、尿道海綿体に侵入しながら大きく前方へ曲がり陰茎の中を走ってその先端で外尿道口として開口する。女の尿道は男のそれの上部に相当するので短く直線的です。女性の尿道は排尿だけの働きしかないが、男性の尿道は排尿のほかに精液を射出するための管にもなる。このため前立腺尿道の精丘に精嚢からの射精管の開口部があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ