熟睡したい

熟睡

スムーズに寝入って深い眠りに入る、そして頭も体もしっかり休めることができたら。1日の疲れがリセットされて、翌日の朝はスッキリだったらいいですね。ポイントになるのは、お布団に入るときの自律神経バランス。休息の神経が主役を演じられるかで決まります。

休息の神経といわれる副交感神経が元気になってくれれば、「休め」の指令が全身に伝わります。元気にすることは自分で可能、それは呼吸を深くゆっくりに変えるだけ。それにより心臓の拍動もゆっくり、胃腸は元気に働けて消化活動もはかどります。

自律神経のボスは間脳にいらっしゃいますが、第2のボスは腹腔におられます。ゆっくり深い呼吸は第2のボスを活性化することができ、それはボスにも直々に伝わるのですね。自律神経と呼吸は無意識でも働いてくれる、でも呼吸は自分で意識してコントロールすることもできる。それによって間接的に自律神経を整えられるのですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ