バランスを整える

重心バランスが体の中心にくるようにします。体が疲れてくると、重心は外へ外へずれていき、手先足先ばかりの動きに。大事なのは主動作筋。これが手足末端でなく、体の中心で働けるようにしてあげること。それによって体幹に芯が通り、どのような動きも無意識で、体幹を軸にしてこなせるのです。

バランス

重心と主動作筋を中心に

私たちの体はいつも使う所、頼りがちな筋肉が主動作筋になっていきます。あまり動かさない筋肉やコリコリの場所はどんどん使われずに固まっていくということ。
重心が外へ外へずれていくと同時に、主動作筋も中心から末端へと移ってしまう。それが原因でバランスは崩れていくのです。

本来ならば重心も主動作筋も、中心にあるのが理にかなっていて動きも楽なのです。骨も筋肉も外より内側の方が大きくて強い。だからわざわざ外側の細い骨、弱い筋肉に頼って動くのは非効率でしんどい事、一歩一歩頭が左右にぶれるような歩き方は最たる例です。

体幹筋・姿勢筋の運動がこの体操の大事なポイント。私たちが体を動かす時、中心の筋肉に頼り体幹によって支えられるようになる為です。体の中心に芯が通った身のこなしは、安全で疲れにくく、また見た目にも無駄のないきれいな動きに映ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ