自律神経を整える

私たちは怒ったり興奮すると呼吸が速くなり、息も短くなりますが落ち着いている時には、ゆっくりとした呼吸になっています。このような経験は誰にでもあることです。つまり、呼吸中枢は自律神経の命令を受けているのです。

呼吸は自律神経の影響を受けていますが、逆に自律神経も呼吸の影響を受けます。呼吸をゆっくりにすると副交感神経が活性化されて、心臓の活動がゆっくりになり、血圧が下がります。これが呼吸法の重要な役割でもあるのです。

自律神経は自分の意思では直接コントロールできませんが、呼吸の仕方から間接的に整える事ができます。呼吸をゆっくりすると自律神経の副交感神経を刺激して、心臓の拍動をゆっくりさせ、胃腸の働きを高め消化吸収を促進します。つまり休息の指令が全身に伝わるのです。ここに呼吸が姿勢を変える秘密があります。呼吸をゆっくり深くすることで体は休息、癒やしに向かうのです。

また同時にゆっくり深い呼吸は姿勢をシャンとさせます。猫背で深い呼吸はできないのです。繰り返すことで横隔膜や脊柱起立筋など体幹筋に力が充実して、せすじピンを無理なく維持できるようになってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ