重心バランス

重心バランス

私たちのからだが好調なときは、重心はからだの中心に定まってくれて、バランスも安定。でも疲れてしんどくなってくると重心は外へ外側へとずれていく。バランスの安定も保てなくなってきます。からだに芯がなくなってしまうのですね。

重心の理想は足裏、親指の中足骨の位置。ヒトのからだはここに力が入ることで、自然と腰が入るのですね。せすじがシャンと伸びるのです。逆に親指を浮かすと腰が入りません。足の小指側に体重がのっていると猫背になり、気持ちもからだもダラダラふにゃふにゃ。

草履

昔の日本人はこの状態を非常に嫌いましたね。日本の履き物、足袋・草履・下駄は足の親指中足骨で重心が安定するようにできてます。鼻緒があるので自然と親指に力が集まり、体重がのります。

昔の履き物にもどれというのは無理な話ですが、理想の親指重心は実践可能なこと。実際ここ一帯がこり固まっている方の本当に多いこと。この状態では親指重心は不可能、重心が外側にずれてバランスもぶれている証拠なのです。

筋肉はやわらかくなると働きが改善できますから親指重心になることは難しくありません。とくに冷え症や外反母趾の症状には非常に効果的。スポーツの場面では、このように地味なコンディショニングにみえますが、からだの動き・パフォーマンスは大きく変わります。

コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ