胸郭

胸郭

肺と心臓を入れるかごのような骨格を胸郭と呼び、胸椎12個・肋骨12対・胸骨からできています。肋骨の間のいわばかごの隙間を肋間隙とよぶ。骨の運動機能の中には運動の支えとなるという役割だけではなく内部を保護するというはたらきがありますが、胸郭はそれらの機能のうち内部の保護という働きが顕著な骨格です。

肋骨

肋骨

肋骨は胸椎の12個に対応して、その左右に各12本あります。弓なりに曲がって前方で胸骨につく。上位のものほど短く、曲がり方が強い。最下位の2対は短く、胸骨まで達しないで終わっています。またその上の5対ほどのものは、前方で合流しながら胸骨に達する。肋骨のアーチの前方部(胸骨につく部分)は軟骨でできており、肋軟骨とよばれる。この軟骨はこの軟骨は胸郭の可動性を増すとともに衝撃を受けた時の緩衝装置としても重要な意味を持っている。この緩衝作用にもかかわらず、肋骨は人体で1番、骨折の多い骨なのです。

胸骨

胸骨

ネクタイの位置にある、扁平で細長い1個の骨が胸骨です。胸骨は上部の胸骨柄と下部の胸骨体からなっている。そして左右の縁で肋軟骨と関節をつくっている。胸骨体は細くなってみぞおちの上で終わるが先端の4cmほどは剣状突起とよばれる軟骨からできている。年をとるとこの部分も骨になる。胸骨は骨髄の検査に利用される。太い針を胸の皮膚の上からさして、胸骨の骨髄に入れ、骨髄組織の少量を採取して、これを顕微鏡で検査するのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ