眼球

眼球

眼球はほぼ球形をしていて前方にやや膨らみがあり、後方斜め内側には視神経が伸びるという外形をしています。眼球全体は3層の膜でできています。さらに眼球の前面では眼球結膜という薄い膜があり、それの外周は眼瞼の内面(眼瞼結膜)に移行しています。結膜の主な役割は眼球と眼瞼とをつなぎ止めることです。眼球を構成する3層の膜を外膜・中膜・内膜として、それぞれの特徴を捉えれば、複雑な構造がわかりやすくなります。眼球は大部分を占める球形の領域が基本形で、光を取り入れる部分である前方に膨らんでいる領域は、その基本形の変形したものと考えることができます。

外膜(角膜・強膜)

角膜強膜

非常に丈夫な結合組織の膜で、3層のうちもっとも外にある膜として眼球を保護する役割を果たしています。目を閉じた状態で上まぶたを指先で軽く圧すると、コリコリした外膜表面を触知できます。外膜には眼球の前面の膨らんだどころでは角膜、その他の領域では強膜という名が与えられています。角膜と強膜は基本的には同一の組織ですが、角膜は透明で強膜は白色です。いわゆる白目は強膜の色が現れた場所です。

中膜(脈絡膜・毛様体・虹彩)

脈絡膜

眼球の前方の膨らみ以外の領域では脈絡膜とよばれています。脈絡膜は血管とメラニン色素が豊富な薄い膜で、役割は充実した血管網によって、感覚器として最も重要な眼球内膜へと栄養を送り、豊富な色素によって眼球内を暗室にすることです。眼球の中は光を情報として捉えるので、余計な反射はできるだけ押さえ込まなければなりません。ですから眼球の内部はカメラの内部と同様、暗室のように暗くなければなりません。この要請にこたえているのが脈絡膜のメラニン色素です。中膜は眼球の前方の膨らみ近くでは毛様体といわれる変形した状態になります。毛様体のなかには毛様体筋とよばれる平滑筋が存在。毛様体筋が収縮するとレンズのフォーカスは近くに結ばれます。反対に弛緩するとレンズのフォーカスは遠くのものに合わせられます。

虹彩

虹彩虹彩1

毛様体よりもさらに前方での中膜は虹彩とよばれるビニールシートのような薄い膜になります。この薄い膜を正面から見たものが瞳です。

内膜(網膜)

網膜

内膜は網膜という名がついた光を受けるスクリーン。網膜には光受容体細胞が並んでいます。光受容体細胞は光という電磁波を情報として受け入れ、伝達することに特化した神経細胞です。

水晶体

水晶体

水晶体はレンズ、このレンズはそれ自身に弾力性があります。水晶体が白く混濁する白内障とよばれる病変がありますが、水晶体を取り去ってめがねやコンタクトレンズを用いれば、ある程度視力を回復できます。

硝子体

硝子体

水晶体と網膜に囲まれた眼球の大部分は硝子体というゲル状物質で満たされています。硝子体は水晶体と同様、成分のほとんどが水です。

瞳孔

瞳孔

眼球を正面から見ると中央に黒い円形の瞳孔がみえます。瞳孔は構造物ではなく虹彩の中央に開いた孔ですから、黒くみえるのは当然で内部が暗いからです。瞳孔の周囲を占める虹彩は普通褐色ですが、人種によっては青色・緑色・灰色など、またそれぞれの色の濃さもさまざまです。虹彩と瞳孔を合わせて日常では黒眼とよびます。それに対して白眼は虹彩の周囲で眼球表面の大部分を占める強膜です。虹彩では輪状と放射状に平滑筋繊維が走り、眼球内に入る光の量を調節できます。瞳孔に光を当てると虹彩は素早く反応し、中央に向かってその面積を増加させます。すなわち虹彩の孔である瞳孔が小さくなります。光を離せば瞳孔の大きさは元に戻り、これらの反応は肉眼で観察することができます。

眼筋

眼筋

眼球をはやく動かす運動とゆっくり動かす運動を行います。両方の眼は常に強調して動くほか、眼前のものを注視するときにはたがいに中央に向かう動きもします。眼球運動のために片側につき6個の筋肉があり、内側直筋・外側直筋・上直筋・下直筋は眼球をそれぞれ内側・外側・上方・下方に向けるはたらきをします。上斜筋は眼球を下外側の方へ向けるようにはたらき、そして下斜筋は上外側へ向ける作用がある。複雑で機敏な運動はこれらの筋の協調的な運動によるわけで、日常はその大部分は反射作用によって無意識に行われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ