平衡覚器

平衡覚

耳が受け持っているもう一つの感覚は平衡覚です。聴覚は外耳・中耳・内耳が協力して機能しているのに対して、平衡覚は内耳のみの分担です。内耳には聴覚を受け持つ蝸牛のほかに、平衡覚を受け持つ前庭と半規管という器官が存在。ともに側頭骨の中に埋まるように存在しています。

前庭

前庭

前庭は骨迷路すなわち内耳にある骨の空間の一部。中には卵形囊・球形囊という膜迷路の一部である器官が存在します。それぞれに卵形囊斑・球形囊斑という感覚受容部があり、まとめて平衡斑とよばれます。平衡斑の感覚細胞は有毛細胞で、その上には平衡砂とよばれる炭酸カルシウムと蛋白質でできた砂粒のようなものが乗っている。頭部に加速度が生じると有毛細胞がもつ平衡砂を押して感覚が生じることになります。

平衡斑は耳石器官の球形囊と卵形囊にそれぞれあります。耳石を含んだゼラチン質の膜でおおわれ、そのなかに有毛細胞の感覚毛が埋まっています。頭を垂直に保ったとき卵形囊斑は水平で感覚毛は上を向き、球形囊斑は前後に走る垂直面にあって毛は外側を向く。この感覚毛の受ける力の変化から頭への重力および直線加速度を感じ取ります。これら半規管・耳石器官からの信号によって、眼球を動かす外眼筋および全身の骨格筋の反射的な緊張の変化をおこします。

半規管

半規管

半規管は形態的にも独特の構造をしています。中がリンパで満たされた上皮性の膜の筒でできた輪状構造が3個つながり、3個の輪はたがいに直交しています。3つの半規管にはそれぞれ前半器官・後半器官・外側半規管という名前がついています。前半器官は前向きの回転運動を、後半器官は側転するときの方向の回転運動を、そして外側半規管は人体がコマのようにくるくる回るときの方向の回転運動をそれぞれ受容します。

3つの半規管がたがいに直交することは重要で、このことによってすべての方向の回転運動を刺激として受容できるからです。また回転運動にかかわる感覚がリンパという液体の流れを感知することによって受容されることは、日常生活でも垣間見ることができます。はげしい回転運動の後の「目が回る」という現象は、視覚情報によるところもありますが、液体の流れをもって感知するという回転運動の受容形態の特徴によるところも大きいのです。頭を回転させると半規管の中のリンパ液に流れが生じ、半規管の膨大部にある有毛細胞の感覚毛を動かして、回転加速度についての信号を前庭神経に伝えます。有毛細胞によって受容された傾きや加速度の情報は、聴覚の場合と同様に、内耳神経すなわち第Ⅷ脳神経を経由して脳へと伝えられます。

平衡維持

体のバランスを維持するための平衡感覚は主として内耳の前庭と半規管で受容されます。受容された刺激は前庭神経を介し中枢に伝えられ、反射的に姿勢を制御します。

前庭・半規管

前庭には球形囊・卵形囊とよばれる耳石器官があり、その内側に平衡感覚を感受する平衡斑を有する。体のあらゆる方向の傾斜や直線運動が内リンパ液の動きを生じ、それによって平衡砂膜が動き感覚細胞である有毛細胞が刺激され、その刺激が前庭神経へ伝えられます。また3つの直交する面の上でアーチをえがく半規管には、それぞれにふくらんだ部分がありその内面にからだの回転運動を感受する膨大部稜があります。内リンパ液の流れで膨大部頂が動き有毛細胞が刺激されます。

平衡の安定

人がある動作を円滑に行うときには、からだの平衡が安定に保たれる必要があります。からだが安定した姿勢をとり、それぞれの動きを1つの動作としてまとめ、筋肉が動作にあわせて緊張・弛緩するのは前庭系をはじめ視覚系・四肢・体幹の感覚器で受容された姿勢や運動に関する情報が中枢で調整され、同時に姿勢・運動反射として眼球や四肢へフィードバックされるからです。つまり平衡感覚で重力に対して正しい位置にいることを感じ、視覚で実際の位置を確認し、さらに筋緊張などの深部知覚でその状況にあった姿勢をとっていることが、中枢に伝えられるということです。もし安定した姿勢でなければ、ただちに中枢から正しい姿勢をとるように指令が伝わります。

前庭系に強い加速度刺激や回転があったり、前庭系や眼運動系自体に何らかの障害がおきると、実際に神経繊維を伝わって中枢に入ってくる情報と、予測される感覚パターンとのあいだにずれが生じ、感覚の混乱を起こすことになり、この感覚の混乱がめまいと考えられます。このように平衡系に障害があるとまず、めまい・眼振(異常眼球運動)・からだの偏位(かたより)などの症状が出現します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ