中耳

鼓膜

鼓膜

外耳道を通り抜けた音は鼓膜を振動させます。中耳は鼓膜から始まり、空気の振動である音は鼓膜に到達してはじめて人体の一部の振動という形にまります。中耳のおもな役割は音を鼓膜の振動として受け取り、その振動を増幅しながらさらに内部、すなわち内耳へと伝えること。中耳のつくる空間は鼓室とよばれます。

つち骨

つち骨

振動の伝達と増幅は耳小骨とよばれている3種類の非常に小さな骨のはたらきによります。耳小骨とは外側から順につち骨・きぬた骨・あぶみ骨です。鼓膜に密着しているのはつち骨で、「つち」とは「槌」すなわちハンマーです。ハンマーの柄にあたる細長い部分が鼓膜に密着し、ハンマーの頭に当たる部分がきぬた骨に連結します。

きぬた骨

きぬた骨

「きぬた」とは「砧」すなわち布をたたく道具です。先端にいくほど太くなるこん棒のような形をしています。きぬた骨の端はつち骨に連結して、連結部分に近いところで靱帯によって鼓室の内壁につながっています。この構造によりきぬた骨のつち骨と連結する太くなっている部分が振動すると、きぬた骨の細くなっている側の端は大きく振動。ここで振動の増幅が行われています。

あぶみ骨

あぶみ骨

大きく振動する細い方の端はあぶみ骨に連結します。「あぶみ」とは「鐙」すなわち乗馬の時、騎手が足を掛ける馬具で、実際そのような形をしています。きぬた骨から伝えられたあぶみ骨の振動は前庭窓へと伝達される。前庭窓は内耳との境にある窓で、あぶみ骨がはまり込み、振動を内耳へと伝えるようにできています。

前庭窓

前庭窓

中耳は振動の入り口の鼓膜から出口の前庭窓まで閉じた空間のようにみえますが、じつは耳管という管で咽頭とつながっています。耳管は鼓室内と外界に気圧差を生じるのを防ぐ役割を果たしています。耳管咽頭口は普段は閉じていて、食物などを飲み込むときなどに開口。

高層ビルのエレベーターに乗っていると上行中に外耳道の奥に圧迫感を覚えます。これは鼓室内の気圧と外界の気圧に差が生じたことにより、鼓膜に通常では生じない圧力が加わるためです。唾液を飲み込むと圧迫感が消えるのは、飲み込むという動作によって耳管咽頭口が開き、耳管が通って鼓室内と外界の気圧が同一になるためです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ