感覚器系

感覚器

感覚器は特殊感覚と一般感覚の大きく二つに分けられます。特殊感覚は眼・耳・鼻・舌などによって取り込まれる、嗅覚・視覚・聴覚・平衡覚・味覚を指すことばで、それぞれ専門の感覚器によって神経系に伝達する刺激を受容します。それに対して一般感覚とは痛覚・圧覚・温覚などの全身の皮膚で受容することのできる感覚です。

特殊感覚を受け持つ各感覚器はそれぞれ受容する刺激が異なります。たとえば視覚器の眼では受容する刺激は光という電磁波。視覚器で受け入れることができる波長の光は可視光線と呼ばれます。音を刺激として受容する聴覚は空気の振動をとらえる装置であり、平衡覚は重力に対する頭部の傾きや加速度を検知する機構です。味覚器と嗅覚器には共通性があり、どちらも物質を化学的に受容します。特殊感覚に関与する受容器はすべて頭部に集中しています。

皮膚は人体の最初の防衛線であるとともに感覚器でもあります。視覚器や嗅覚器などのそれぞれ特別の感覚だけを受容する感覚器とは異なり、全身にわたって受容器が存在するので視覚や聴覚などが特殊感覚と呼ばれるのに対して、皮膚による感覚は一般感覚と呼ばれています。

皮膚の感覚受容器には圧覚・触覚・痛覚・温冷覚などがありますが、それぞれの感覚についてそのための受容器が備わってます。圧覚を受け入れる感覚受容器はマイスナー小体とパッチ-二層板小体。触覚は自由神経終末とマイスナー小体、そしてルフィーニ小体です。痛覚は主に自由神経終末が受け入れ、温冷覚は自由神経終末とクラウゼ小体が受容する感覚刺激。これらの感覚受容器のほとんどは皮下組織あるいは真皮と皮下組織の境界付近に存在します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ