更年期障害

更年期障害

40歳代、50歳代以降の女性に不定愁訴があると、更年期障害と診断されることが多いようです。女性はある年齢を超えるといろいろな体の不調が出てきます。体のほてり・のぼせ・動悸・息切れ・発汗・冷え・頭痛・めまい・不眠・不安感・イライラ・憂うつ・耳鳴り・血圧不安定・腰痛・肩こりなど。これらは一概に更年期障害という言葉で片付けられてしまいます。

更年期障害とは閉経を迎えるころ、ホルモンバランスが崩れることで起こるさまざまな症状です。ホルモンバランスが崩れているかどうかは、血液中のホルモン量を測定することでわかります。更年期障害の症状が出ているのに、ホルモンバランスが正常な場合は、首に原因がある可能性が高く、まず首こりを疑ったほうがいいでしょう。首こりが改善されれば、さまざまな症状に悩む生活から抜け出せる場合が多いのです。

若年性更年期障害

若い女性でも更年期障害のような症状を抱えて、悩んでいる方がいます。冷えやのぼせ・頭痛・うつ状態・疲れやすいなどがおもな症状です。本来更年期障害は卵巣のホルモン分泌機能の衰える40代~50代に見られる症状なのですが、まだ若い20~30代でも同じような不定愁訴に悩んでいる方が増えているといいます。

女性ホルモンが正常に分泌されていても、不定愁訴が現れている状態を若年性更年期障害と呼んでいるようです。いわゆるストレスやライフスタイルの乱れが原因とされていますが、症状を訴えるひとは必ずといっていいほど首こりが見つかり、だいたいが根深い頑固なこりです。このような首の筋肉異常によって、自律神経が失調しているケースが多いのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ