頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは頚椎の骨をつないでいる軟骨の椎間板が飛び出し、神経を圧迫して強い痛みを起こす病気で、30~50代の成年層の男性に多くみられます。椎間板は本来非常に水分に富んだ組織で、椎骨と椎骨の間に挟まり柔軟に形を変えることで骨への衝撃を軽減しています。しかしそんな椎間板もある程度年齢を重ねると水分が少なくなり、薄く硬くなっていきます。すると祖機器の外側を多う繊維林に亀裂が生じやすくなり、その亀裂から中身の髄核が飛び出してしまうことがあります。

椎間板は20代から老化が始まり首にかかる負担によって少しずつ変性していきますが、その過程で大きな負担がかかったときなどに椎間板が飛び出して頚椎椎間板ヘルニアが起きます。大きく飛び出して突然激しい痛みが起きる場合と少し飛び出して椎間板が徐々に大きくなって症状が重くなってくる場合とがあります。症状の特徴は激しい痛みです。左右どちらかの肩から腕にかけての部分、あるいは肩甲骨から背中にかけての部分が非常に強く痛み、動かせず夜も眠れないほどです。飛び出した椎間板によって圧迫されている神経が通っている部分沿って痛みが出ます。

椎間板ヘルニアは脊髄全体に起こりえる病気で、腰椎で発生することもよくあります。とくに20~40歳代という若い男性に多くみられます。椎間板から飛び出た髄核が背中側にある脊髄や神経根を刺激すると、首や肩・背中・腕にしびれや重圧感・痛みなどが現れます。とくに首を後ろに反らしたときは背中側に飛び出した髄核が神経根を強く刺激します。しかし首を元に戻すと飛び出した髄核による圧迫が減るので痛みが治まります。変形性頚椎症と同様に重傷になると腕や下半身にもしびれや痛みが生じ、歩行や日常動作にも支障をきたすことがあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ