腰痛3

腰椎3番

腰椎3番は体をねじる運動をつかさどる椎骨です。ねじるという動きは闘争とかかわりがあります。勝ち負けにこだわる・義理人情・筋を通す・一言言っておく・約束は守る・借りは返す、そういう感受性です。腰椎3番は「一言あいさつがあった、なかった」でカァッと怒る人です。「俺に話が通っていない」などと、きちんと筋を通さないと納得いきません。

腰椎3番がゆがむと、ねじりやすい方とねじりにくい方とに、はっきり左右差があらわれます。常日頃からどちらかにねじる体癖がついているので、逆側にねじれば違和感や痛みがあるもの。姿勢にも肩甲骨と骨盤のねじれ現象が反映されます。ゴルフなど、からだをねじる方向が偏るスポーツによっても、腰椎3番にゆがみがおこりやすいのです。

泌尿器系

回旋運動は泌尿器の働きに直結します。泌尿器が積極的に働く体質は、腰部の筋肉がしっかりしてスタミナ充実、闘争本能が強く負けるのが大嫌い。緊張すると腰がねじれ、左肩を前に出す癖がでます。

ストレスや体の変動が泌尿器へマイナスにでる体質は、調和的傾向が強く平穏を求めます。緊張しても疲れても食べ過ぎても、下腹部がむくむ傾向あり。腰部の筋肉が弱く腰痛肩こりが多く、また更年期障害・生理不順になりやすくなります。

コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ