腰痛1

腰椎1番

腰椎1番は腰の最も上にある骨、体の上下運動をつかさどっている椎骨です。背伸びする、首を伸ばす、つま先立ちになる等、上に伸びる運動の焦点になる所。ここがこると前屈する動作が苦しい、できにくくなります。体は伸びたまま硬直、休めの姿勢でリラックスできなくなります。

腰椎1番が硬くなると首から頭にかけての筋肉が緊張し、顔を上に向ける体勢に。また背骨のS字弯曲のカーブはなくなり直線状になります。つま先重心で歩くようになりハイヒールを履いて歩くと痛めやすい腰椎です。

頭脳系

また頭を使う・考える・目を使うという行為と直結する所です。腰椎1番にストレスや外的衝動を受けやすい体質の人は、何事にもまず大脳が働き、頭で考え納得しないと行動になりません。常に頭で分析する傾向があるのです。物事を整理しないと納得しない、論理的に解釈しないと納得しない、化学的根拠がないと納得しないなどです。長時間パソコンに向かうお仕事など、頭や目を酷使すると腰椎1番に負担がかかります。直結する大脳が疲労し頭や首の緊張が抜けずに眠れなくなるのです。

腰椎1番を整えると頭の疲れがとれて寝付きが良くなり、熟睡できるようになります。しっかり休めれば心身共に回復できるので、いい循環になりますね。

コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ