鎮痛の作用

痛みもアロマテラピーの効果が期待できる分野です。痛みを感じるのは脳であり、におい分子の刺激は脳に直接作用するため、痛みを緩和したり痛みによる精神的苦痛をやわらげる効果が期待できます。精油のにおい分子の情報は脳に直接届きます。こり痛みの場所に働きかけるのではなく、痛みを感じる大本の脳に作用します。それにより痛みを緩和できると考えられるのです。

精油のどの成分が痛みに効くかはかなり解明されていて、こうした成分を含む精油を用いて痛みをやわらげます。さらに、においにはリラックス効果もありますから、痛みに起因する不眠への効果は高く、心因性の疼痛も緩和します。ストレスの緩和効果が一段と高まり痛みがやわらぐのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ