肺は一対の淡紅色の大きな器官(右1200ml、左1000ml)で、肋骨と横隔膜と縦隔(心臓を容れている胸腔のたてのしきり)にかこまれる左右の胸腔をみたしている。左右の肺を合わせると外形は釣り鐘型になりちょうど胸郭の内腔の形になります。

肺

左の肺は下半部において右より小さいのですが、これは心臓が左へかたよっているからと理解して良い。肺の形は半円錐状で横隔膜に面するへこみ面を底とし、肺尖とよばれる鈍くとがった部分を頂にしている。内側面も心臓に面するためにそぎとられたような形をしており、その中央に気管支・肺動静脈・気管支動静脈・リンパ管がまとまって通る肺門があります。

右の肺は3つ、左の肺は2つの部分に深いきれこみによって分けられている。これが肺葉です。肺炎はしばしば肺葉を単位としてひろがる。肺の表面は光沢のあるうすい胸膜でおおわれている。これは肺門のところで折れかえって胸腔の内面をおおっている。こうして肺は二重の胸膜によってつくられる胸膜腔という空所にかこまれる。胸膜腔は漿液と呼ばれる少量の無色の液に満たされているので、肺をかこむ二重の胸膜は呼吸運動にさいし非常になめらかにすれ合います。

胸膜

肺は形状の点では胸腔の内面の形に見事に一致していますが、胸腔を形成している胸郭の構成要素である骨や筋に直接付着しているわけではない。もし活発に動く肺と胸郭の内壁の表面をおおう骨膜や筋膜が直接あたっているとしたら、そこに生じる大きな摩擦は熱を発生し場合によっては、肺か胸壁のどちらかあるいは両方の表面は損傷を受ける可能性が高い。

人体はこれを漿膜という構造で双方の表面を滑りやすく、摩擦を小さくしている。漿膜とは非常にうすい膜のことで漿液という粘性の少ないさらさらの液体を分泌し、表面はなめらかで滑りやすい。肺を被う膜は肺胸膜、胸壁の内面を被う膜は壁側胸膜と呼ばれ、ともに漿膜です。漿液によって滑り動くので、肺の活発で持続的な動きが可能になっているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ