脊髄

脳とともに中枢神経系を形成している脊髄は脊柱管内に格納されています。脳につづく神経繊維の長い棒状の束。神経の連絡路と、中枢としての役割を持ちます。

脊髄

脳幹を含めた脳とからだの各部分を結んで信号を伝える神経の連絡路。下界の変化に合わせて適切な行動がとれるのは外からの信号がこの連絡路を通って脳に伝わり、そこから状況によく合った指令が手足などからだの末梢に伝えられるからです。また身に迫った危険から急に避難するときなどには、脳への連絡を省略して反射運動をおこすがそのときは脊髄が中枢としてはたらく。さらに内臓からの信号に対する自立反射の中枢として、内臓や血管の働きなどもコントロールします。

体幹の神経

脊髄神経

体幹の神経は脳脊髄神経系に属する脊髄神経と自律神経に大別されます。脳とともに中枢神経系を形成している脊髄は脊柱管内に格納されています。脊髄から伸び出した神経が脊髄神経。脊髄神経は脳神経と異なりすべて混合性、すなわち感覚性繊維と運動性繊維の両方を備えていることが特徴ですが、脊髄を出る段階では繊維構成は混合性ではありません。

脊髄の前方から伸び出す神経繊維束は前根と呼ばれ、運動性繊維のみが含まれる。これに対して後方から伸び出す神経繊維束には感覚性繊維のみが含まれ、後根と呼ばれます。前根・後根からそれぞれ伸び出した繊維束は合流し、脊柱の椎間孔を抜けて再び前後の神経繊維束に分かれます。これらはそれぞれ前枝・後枝と呼ばれどちらも前根・後根の両方から繊維束を受けているので、いずれも混合性。脊髄神経の神経繊維構成がすべて混合性であるのはこのような構造に由来します。

脊髄神経の前枝と後枝ではそのはたらく領域が大いに異なります。前枝の方が後枝よりもはるかに大きな役割を果たします。脊髄神経の後枝は背部の一般感覚と固有背筋を支配するのみ。それに対して前枝は頭部と背部以外の全身の一般感覚を分担し、体幹前面・側面と上肢・下肢の筋を支配します。脊髄神経の前枝はそれぞれがまばらに各領域を支配するのではなく、頚神経叢・腕神経叢・腰神経叢・仙骨神経叢という四つの神経叢を構成したのち、それぞれの分担する領域へと向かいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ