神経系

神経系は中枢神経と末梢神経に分けられます。中枢神経は脳と脊髄で、脳は精神活動の場であり脊髄とともに生命維持の中枢でもある。末梢神経は中枢神経とからだの各部を結ぶ情報連絡路です。末梢神経系は脳に出入りする脳神経と、脊髄に出入りする脊髄神経に分けられ脳・脊髄神経系ともいう。脳神経は顔の知覚と筋肉・目・耳・鼻など頭・顔部の働きを支配。脊髄神経は脳からのいろいろな信号を四肢・躯幹に伝え、またからだの各部からの情報を中枢に伝えます。

神経系

また末梢神経系(脳・脊髄神経系)はその働きの性質から体表からの情報を受けたり意思による運動を支配する体性神経系と、意思に関係なく反応する内臓や血管などの器官を支配する自律神経系に分けられます。そして自律神経系はたがいに拮抗して働く交感神経系と副交感神経系の両者によって、からだの内部環境を整える働きをしています。

脳神経

脳神経

脳に出入りする末梢神経でおもに頭・顔部の働きを支配しています。全部で12対ある。嗅神経は嗅覚を視神経は視覚を内耳神経は聴覚と平衡感覚をそして舌咽神経と顔面神経の一部の枝は味覚を受け持つ。眼球を動かすことに関係する3対の脳神経(動眼神経・滑車神経・外転神経)は視力を十分に活用することを可能にする。舌咽神経は舌根部から咽頭に欠けての運動・感覚・分泌を支配する。舌下神経は舌の運動を、三叉神経は顔面の感覚全般と下あごの運動を、また迷走神経は口蓋・咽頭・喉頭の運動や消化管の全般的働きを支配して摂食・栄養摂取という生命維持のための基本的な営みを調整している。顔面神経は表情筋の働きを支配しさらに副神経は首や肩を動かし、集団生活のなかで人間特有の豊かな感情を形にあらわすのに重要な役割を果たしています。

脊髄神経

脊髄神経

脊髄に出入りする神経でそれらが支配するからだの部位にしたがって頸神経8対・胸神経12対・腰神経5対・仙骨神経5対・尾骨神経1対に分け、全部で31対ある。おのおのの脊髄神経は脊髄の前後2ヶ所から出てそれぞれ前根・後根となる。前根は運動ニューロンと交感ニューロン、後根は感覚ニューロンと副交感ニューロンからなる。後根はふくらんで脊髄神経節をつくったあと前根と合体するが、ふたたび前枝・行枝の2本に分かれる。後枝はそのままからだの背側に分布します。

これに対し胸神経以外の前枝は隣り合った神経繊維と複雑につながって神経叢という一種のネットワークをつくったあとそれぞれの部位を支配する神経となり、からだの腹側部と四肢に分布する。中枢神経系からの信号を骨格筋に伝えるのは運動神経で、平滑筋・心筋・腺組織に信号を伝えるのは自律神経です。これに対し皮膚・筋膜・内臓・血管などからだの各部から中枢に情報を伝えるのは感覚神経で一部は自律神経が分担する。脊髄神経にはこれら感覚神経・運動神経・自律神経に属するニューロンがいろいろの割合で混在しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ