夏バテしない

夏バテ

早めの梅雨明けから暑い日が続いていますね。熱射病に気をつけて、水分補給をこまめにしてますか?逆に水分摂りすぎてタップンタップンだったりして。つい冷たいものを口に入れたくなりますが夏バテ対策のためにも、お腹をいたわってあげられるよう、少し気をつけたい時期です。

アイスクリームや冷たい飲み物でお腹ピーピーになってたりしませんか?暑いときこそ内臓の働きを元気に保つことが大事。それによりホルモンや自律神経が、体温調節・水分調節を正常にコントロールしてくれるからです。東洋医学でもからだを冷やす場合、扇風機やクーラーなど外側から冷やす方が良く、からだの中に冷たいものを入れるのは良くないとされます。からだを芯から冷やし、機能低下の状態になってしまうからですね。

暑いときには熱いものを頂く方が、実は涼を取るには効果的なのですね。熱いほうじ茶を飲めば汗が噴き出しますが、そのあと汗が引くと少し涼しく感じられるもの。冷たいものは一瞬涼しくなりますが、またすぐに冷たいものがほしくなります。汗をかきながら栄養のあるものを食べれば胃腸も元気。からだの内側から環境温度の変化に対応できる、暑さに負けないコンディションでいたいですね。

コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ