アロマの効果

アロマテラピー

香りには、脳に直接働きかけて心身のバランスを整える作用があるそうです。たしかに、緑の香りでリフレッシュしたり、私の場合は近所を歩けばキンモクセイの香りで、つい深呼吸したり季節を感じたり。淹れたてのコーヒーの香りで心地よくなったりと。好ましい香りによって脳に反応が起き、いろいろな感覚・感情が呼び起こされる経験は、みなさんにもあるのではないでしょうか。

嗅覚はひとの五感の視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の中で、脳への伝達のプロセスが一番短く、ダイレクトに届けられます。これは動物の生存本能と関係するそうで、危険を察知するための判断に最重要だからということ。マウスに猫や狐など、捕食動物の臭いを嗅がせると、たちまち怯えて隠れようとするそうです。においで、自分より強い相手かどうかも判断するのだそうです。

においで幼少期のことを思い出した経験はありませんか?記憶が呼び覚まされる作用は化学的にも解明されつつあり、過去の記憶を蓄積する器官の海馬が活性化することが認められています。過去にあった、においと結びついた出来事を引き出す作用があると考えられています。あるにおいを嗅ぐと切ない思い出がよみがえったりするのは、情動をつかさどる扁桃体が活性化されるから。においは脳に働き、記憶や感情に影響を与えるのですね。

アロマテラピー

香りによる自律神経や内分泌への作用をヘルスケア・メンタルケアに活用するのがアロマテラピー。精油を塗布してマッサージするアロマトリートメントでは、皮膚から表皮の下に届き、真皮の毛細血管に芳香成分が溶け込んで全身に到達します。鼻から吸い込むと、におい分子は肺に届き肺胞上皮を通過して、精油の芳香成分は容易に毛細血管の中に入っていきます。

におい分子の刺激が脳に届き、精油の芳香成分が視床下部を活性化することで、自律神経やホルモン分泌の調整、アルツハイマー症・認知症の認知機能向上、不安感やうつ状態の改善効果などが報告されているということです。病気未満の不調にもアロマテラピーは有効です。なかなか取れないコリや疲労にも、ストレスや精神的なダメージにも。好きな香りを楽しむことが、自分で体調を整えることになるのはうれしいですね。最後に言っておきますが、私が愛してやまない香りはフランキンセンスです。

コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ