小腸

胃液といっしょに攪拌されどろどろになった食物を消化・吸収する長い管で、消化器系の主役です。

小腸

位置

小腸の位置

胃の出口(幽門)につづく十二指腸と空腸・回腸の3つの部分からなります。十二指腸は後腹壁に固定されているが、それ以外の小腸と大腸で腹腔内のほとんどのスペースを占めます。

大きさ

小腸の大きさ

長さ約3m、500円硬貨ほどの直径のやわらかい管です。小腸の口側5分の2が空腸、肛門側5分の3が回腸で回腸のほうがやや太めで管壁も少し厚く血色がよい。

構造

十二指腸は明らかに形態が異なるが、空腸と回腸は互いに外見上はほとんど区別がつかなく、ほとんど一続きと考えてよい。成人でおよそ7メートルの長さがあるとされる小腸のうち、十二指腸から先のおよそ半分弱が空腸であり、残りが回腸であるがその境目は判然としない。小腸は柔軟性に富むため、その内径は内容物によって変わり一定しない。

内面は消化されたものを効率よく吸収するための構造ができあがっている。内側から粘膜・筋層でできており、いちばん外側を腹膜がつつんでいる。粘膜には輪状のひだがあり、一面に絨毛がはえている。さらに粘膜表面の細胞の1つ1つに1個あたり平均600本の微絨毛があるので小腸内腔の表面積は格別に広くなっています。

回腸の終末部は大腸の開始部である盲腸と接続するが、その境界部分に回盲弁という弁が存在する。ここは小腸と大腸の境目ですから、回盲弁の役割は大腸の内容物が小腸へ逆流するのを防止することです。

腸間膜

腸を腹腔後壁に結びつけている膜が腸間膜です。側腹腹膜が両側から合体した形でできたごく薄い膜で、なかを通る血管などが透けてみえる。後腹壁に固定されている根元のほうは15cmほどの狭い幅であるが辺縁は3mほどに広がった扇形をしている。広がった辺縁に空腸・回腸があたかも縁取りするようにつながり、そこへゆく血管・リンパ管・神経がこの腸間膜のなかを通っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ