膵臓

膵臓

胃の裏側にある、十二指腸のUの字型にはまるようにして付いている臓器で、強力な消化酵素をつくり、またインスリンやグルカゴンを内分泌して血液中の糖の量を調節します。多くの消化酵素を含む膵液を分泌する重要な外分泌腺で、ホルモンを分泌する内分泌腺でもあります。

外分泌器官(消化液分泌)としての膵臓は膵液を消化管内に流入させる役割を果たしています。膵液は蛋白質・脂質・炭水化物を消化する酵素を含んでいます。胃内容物が十二指腸に入ると十二指腸粘膜から消化管ホルモンが血液中に放出され、消化酵素の合成・膵液の分泌を促します。

内分泌器官としては、膵臓内に島のように散在するランゲルハンス島と呼ばれる細胞群が分泌器官としてはたらいています。分泌するホルモンとしては血糖値を上昇させるグルカゴンと、逆に血糖値を低下させるインスリンなどがあります。

グルカゴンは肝臓のグリコーゲンの分解を促進して血糖値を高めます。インスリンはブドウ糖が筋やその他の組織に取り込まれ、利用されるのを促進し血糖値を下げる。糖尿病の大部分はこの細胞の機能低下によるものであって、重症なものにはインスリンの投与が必要になります。これらはホルモンであるので分泌する先はもちろん血管です。具体的には、ランゲルハンス島内の毛細血管に分泌されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ