大腸

消化と吸収に関する仕事の大部分は小腸が行っています。大腸は回腸から送られてきたどろどろの内容物が約4分の1の容量になるまで水分を吸収する。またナトリウム・塩類を調節的に吸収し、カリウムを排出する。

大腸

位置

大腸の位置

大腸は盲腸・結腸・直腸に大別されます。結腸は上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸からなる。右下腹部の盲腸から上方へ上行結腸としてのぼり、右から左へ横行結腸として、左腹部を下行結腸として下がる。S状結腸・直腸とつづき肛門で終わる。上行・下行結腸は後腹壁に固定されていますが、長い横行結腸間膜につるされている横行結腸はすこし位置を変えられます。

大きさ・形・構造

大腸の大きさ・形・構造

大腸は小腸と同様に柔軟性に富むため、その内径は内容物によって変化し一定しない。大腸という名前からすると小腸よりも太いように思われるが、それは内容物の量によるもので、内容物がほとんど入っていなければ小腸と大腸の太さはあまり変わらない。長さ約1.5m、太さは小腸の2~3倍で外形も小腸のようにのっぺりした管ではない。縦走筋でできた幅8mmほどの縦のすじ(結腸ひも)が3本、ほぼ等間隔でついておりそれにたぐられて縦の方向にゆるやかな蛇腹状になっている。

小腸の末端と大腸の上行結腸はT字型につながっている。回腸のはしはこの結合部で結腸のなかにすこし突出して回盲弁をつくり、大腸の内容物が小腸のほうへ逆流するのを防いでいる。この結合部の尾側は盲腸で、その先端に太めのミミズそっくりの虫垂がぶら下がっている。これは中が中空であるためにしばしば障害を起こす。それが虫垂炎です。

直腸と肛門

直腸と肛門

大腸の末端の直腸は長さ約15cm。3つの横ひだがあり、これらは一種の弁として働く。糞便の予備軍はS状結腸に待機し、1日に数回おこる総蠕動で直腸に移り、排便反射で排泄される。肛門の内側にある内肛門括約筋は平滑筋で不随意ですが、外肛門括約筋は横紋筋が協力して随意に動き、この両者が協力して肛門を開閉しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ