食道

食道は口から入った食物や液体を胃にとどける運搬路です。咽頭と胃を結ぶ左右径約2cmの長い管。食道の長さは成人でおよそ25cmあり、その走行から頚部・胸部・腹部の3部に分けられる。といってもその大半は食道胸部です。

食道

口腔、そしてもちろん胃も消化器官として消化酵素を分泌してはたらくが、食道は食物を単に運ぶだけで物質を何も分泌しない。要するに本格的な消化・吸収が行われる胃・小腸・大腸に食物を送り渡すために胸部を無事通り抜けさせるという役割を担っているのが食道なのです。

食物が食道の入り口(食道入り口部)に入ると、食道の頭側の輪状筋が蠕動運動をはじめ、その波動が胃の方向に寄せていって食物を押し下げる。食道のはじめの部分の筋肉は横紋筋なので意思によって動かせるが、食物が平滑筋だけの部分に移っていっても食道癖への刺激に対する不随意反射(嚥下反射)により蠕動は継続する。

食道の下部(噴門)は平滑筋が発達して括約筋として働き、食物が通過したあと胃から逆流しないようになっている。食物を通過するのに要する時間は液体で1~6秒、唾液とよく混ぜ合わされた固形物で約30~60秒です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ