消化器系

消化器系は口からとり入れた食物を胃腸から肛門へと送り、そのあいだに消化と栄養分の吸収を行う一連の器官です。口から入った食物は肛門から便となって排出される。その間に人体は食物を取り込み、分解し栄養分を取り出して吸収するという役割を果たしているのが消化器系です。

消化器系

消化器系は食物を送る管すなわち消化管と、消化液を分泌する消化腺からなる。消化管は口・食道・胃・小腸・大腸と名前を変えていくが、形と表面の見かけ上の姿を変えていくだけで、じつは口から肛門まで一続きの構造です。口腔内ではかみ砕くという機械的な消化が行われる。本格的な消化吸収は胃から始まるので食物は食道をするりと通り抜ける。胃の下端部は右側に折れ曲がって小腸へとつながる。小腸の始まりが十二指腸で、ここには膵臓からと肝臓・胆嚢からの消化液を取り入れる入り口がある。そして空腸から回腸へとつながるが、両者の境界を形態的に区別することはできない。この先から大腸が始まる。大腸は盲腸に始まって、ぐるりと小腸を取り囲む結腸、そしてほぼ垂直に降りる直腸とそれにつづく肛門からできている。

消化管が口から肛門まで一続きであることを実感することは容易ではない。でも消化管は1本のトンネルのような構造です。曲がりくねり、内径の大きさも形も大きく変化するが、枝分かれも行き止まりもせず、口から肛門まで続いています。朝1杯の水を飲むだけで便意をもよおすことがあるのは、消化管が一続きであることを実感する瞬間です。

消化と吸収

消化吸収

食道から胃・小腸・大腸にいたる長い消化管の内壁の粘膜には、どこにも粘液を分泌する腺がある。これは食べた食物を送るベルトコンベアのようなしくみを助けて、運搬を円滑にするもの。このほか胃・小腸には各種の消化液を分泌する腺があります。

胃の主な役目はタンパク質の消化と胃液の強い塩酸による腐敗防止で、吸収の対象は水とアルコールだけ。小腸での消化には膵臓・肝臓でつくられ十二指腸に分泌される膵液・胆汁と、小腸自身でつくられ分泌される消化液が主役を演じている。物理的には運搬のための蠕動運動のほかに振り子運動・分節運動などで攪拌が行われる。また小腸の輪状ひだ・絨毛・さらにその表面をおおう微絨毛によって拡大された広大な表面において、これら消化液と食物との混合が促進され、消化と吸収がスピードアップされる。大腸での消化はほとんど無視できる程度でここでは主として水と電解質を吸収するだけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ