心臓

心臓は心筋が収縮する力によって血液を力強く送り出すポンプです。血液は常に流れていることが重要であり、その流れは心臓の拍動によってつくられます。心臓の機能は体循環と肺循環に分けられます。すなわち全身に血液を送りそして回収する機能と、肺に血液を送り回収する機能です。この二つの機能を果たすために心臓の内部は四つの部屋に分かれています。

心臓

四つの部屋はそれぞれ右心房・右心室・左心房・左心室と呼ばれている。心房とは血液を受け入れる部屋であり、心室とは血液を送り出す部屋です。左右それぞれの心房と心室はつながっているので、心房・心室それぞれの関係も含めると心房は心臓の外からの血液を受け入れ、それを心室に送り出す役割を果たし、心室は心房からの血液を受け入れ、それを心臓の外へと送り出す役割を果たしています。

言い換えれば血液は心房・心室の順に心臓を通り抜けることになります。心臓の役割は肺に血液を送って回収し、全身に血液を送って回収することです。肺に血液を送る役割を果たしているのが右の心臓で、全身に血液を送る役割を果たしているのが左の心臓です。血液を受け入れる場合はこの逆となります。右の心臓は静脈の一部、左の心臓は動脈の一部と考えると理解しやすく、また左心房と右心室が肺循環、右心房と左心室が体循環と考えれば、心臓と肺とのかかわりが理解しやすくなります。

心臓は酸素やエネルギー源を豊富に含んだ動脈血を全身に押し出し配送するポンプです。送り出された血液は帰り道に各組織から二酸化炭素やエネルギー消費後の老廃物を受け取って静脈血となり、さらに門脈から送り込まれるエネルギー源はじめ、ホルモン・神経伝達物質をのせて心臓にもどる。そして肺に送られここで余分な二酸化炭素を放出し、新鮮な酸素を得て動脈血となり、ふたたび心臓にもどってから大動脈に送り出される。心臓が1回の収縮で送り出す血液量はからだの大きさで異なるが、身長160cm体重50kgの場合約70mlで、1分間に約5lの血液を送り出します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ