体幹の血管

体幹の血管

体幹の動脈

心臓から上行大動脈として伸び出し、大動脈弓・胸大動脈と名前を変え、横隔膜を貫いて腹大動脈となります。これが体幹の動脈の本幹です。大動脈弓は大きな枝の出し方が左右非対称です。右側は腕頭動脈という大きな枝がでる。腕頭動脈がさらに分岐して総頚動脈と鎖骨下動脈となる。総頚動脈は頭頚部に向かう動脈の本幹であり、鎖骨下動脈は上肢の動脈の本幹です。

大動脈弓の左側では総頚動脈と鎖骨下動脈がそれぞれ大動脈弓から直接分岐しています。したがって胸部を下行する胸大動脈となり、横隔膜を貫いて腹大動脈となったのち、左右の総腸骨動脈に分岐します。総腸骨動脈は内腸骨動脈と外腸骨動脈に分かれる。外腸骨動脈は下肢の動脈の本幹です。胸部の体壁を養う動脈は肋骨にそって分布しています。したがって肋間動脈とよばれる肋骨と肋骨の間に分布する動脈がその代表といえます。

体幹の静脈

全身に分布する静脈から心臓へと血液が運ばれるルートは動脈の構成によく似ています。頭頚部からの血液を回収する内頚静脈と上肢からの血液を回収する鎖骨下静脈は合流して腕頭静脈となり、上大静脈に注ぐ。左右ともに腕頭静脈という構造をとるところが、右側のみに腕頭動脈が存在する動脈系とは異なります。肋間動脈の分布域全体と腹大動脈の分布域の一部の血液を回収する静脈は、奇静脈系とよばれる独特の静脈系をなしている。奇静脈系によって回収された血液は上大静脈に注ぐ。

また体幹には門脈系とよばれる消化管と肝臓を結ぶ静脈系も存在しますが、門脈経の血液は肝臓を経由して下大静脈に注ぐことになります。下肢からの血液は外腸骨静脈として回収され、骨盤内部からの内腸骨静脈と合流して左右の総腸骨静脈となり、ほぼ正中でさらに合流して下大静脈となります。頭頚部と上肢の血液と奇静脈系からの血液は上大静脈に注ぎ、肝臓を経由する消化管からの血液と下肢からの血液は下大静脈に注ぎ、ともに最終的には心臓の右心房に向かうことになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ